[ページの先頭。]

[本文へジャンプ。]

[ここから本文です。]

YA秋のおすすめ その1 日本編

2013年10月23日

今回は、読書週間にちなんで、読書の楽しみを感じられる本や秋におすすめしたい本を集めました。(その1は、柿木、宮前、阿佐谷図書館のYA担当者が紹介。その2は、外国編です。)
在庫状況は、検索して調べるか、図書館の人に聞いてくださいね。
 
10月27日~11月9日は、読書週間です。
図書館や書店、新聞など、さまざまな場でおすすめの本を紹介する機会が増えますので、気になる1冊を見つけたら、ぜひ手にとってみてください!

リテイク・シックスティーン 豊島ミホ/著 幻冬舎

「私、未来からきたの」高校1年生の沙織に、クラスメイトの孝子はこう告げた。
青春をやりなおすのだ!と、せいいっぱい高校生活を楽しむ孝子と過ごすうち、真面目な沙織の日々も、少しずつ変わっていき・・・。
高校生の日常生活をやさしく描いた、青春小説です。
  



屋根裏の散歩者(江戸川乱歩ベストセレクション3) 江戸川乱歩/著 角川書店(角川ホラー文庫)

郷田三郎はこの世にとても退屈していた。さまざまな職業に転職し、住む場所を変えてもいっこうに面白くなかった。
遊びほうけるようになった彼は、真新しいアパートに移り住む。そこで、自室の押し入れから天井裏に入れることを知る。
しばらくは飽きもせず住人達の生活を見て楽しんでいたが、それにも飽きたころ、彼は天井裏から誰にもばれないような殺人方法を思いつく。
名探偵明智小五郎が登場する作品の一つ。




日本語を味わう名詩入門〔第1期/戦前編〕3八木重吉  荻原昌好/編 植田真/絵 あすなろ書房

八木重吉は、秋の空、空気に心をひかれ、目に見えない「こころ」をうたった詩を多く残しています。
短い文章に込められた澄んだ響きを、是非声に出して楽しんでみてください。
詩を読む機会は少ないと思いますが、心がホッとする、そんな瞬間を味わっていただけると思います。
 

[ここまでが本文です。]

[本文の先頭に戻る。]

To PAGETOP

杉並区立図書館

©2012 Suginami city library all rights reserved.

[本文の先頭に戻る。]

[ページの先頭に戻る。]