[ページの先頭。]

[本文へジャンプ。]

[ここから本文です。]

講演 記憶の場『嵐が丘』(1847)-時代切り裂かれた愛

2014年1月11日

エミリ・ブロンテ:『嵐が丘』(1847)は、世界十大小説の一つと評価され、日本においても様々にアレンジされ、演劇、テレビなどで上演されている。 映像および翻訳本などを用いてこの作品を楽しく読み取り、社会史的観点から、当時の世界に冠たる英国の社会と人々の姿を知り、未来への影響を探る。 そこに文学作品のもつ意味を見出し、喜びの対象とし、発言・表現の場を発見する。

   

日時 : 平成26年1月25日(土) 午後2時~3時30分

会場 : 西荻図書館2階ホール

講師 : 植松 みどり 氏(和洋女子大学名誉教授)

対象 : 一般区民他

定員 : 30人(申込順)

参加費: 無料

申込み: 1月15日(水)より、電話または西荻図書館カウンターにて受付します。

主催 : 荒正人「文化デモンストレーション」研究会

後援 : 杉並区教育委員会

 

問合せ : 西荻図書館(西荻北2-33-9 03-3301-1670)

[ここまでが本文です。]

[本文の先頭に戻る。]

To PAGETOP

杉並区立図書館

©2012 Suginami city library all rights reserved.

[本文の先頭に戻る。]

[ページの先頭に戻る。]