[ページの先頭。]

[本文へジャンプ。]

[ここから本文です。]

昭和こゝろ旅シリーズ(第8回) 勝小吉と海舟 ―その虚像と実像

2014年10月 1日

勝小吉と勝海舟―「父子鷹」的その世界。
父・勝小吉と子・勝海舟。ともに幕末江戸の下級旗本として育った。
貧乏旗本から抜け出そうとして小吉は果たせず、自伝『夢酔独言』を残し、海舟は後に功成り名を遂げた。
その二人に魅せられた子母沢寛は時代小説『父子鷹』を書く。
自伝や回想と虚構から勝父子を探る。
 

日時 : 10月19日(日) 10時30分~11時30分

会場 : 宮前図書館3階 講座室

対象 : どなたでも

定員 : 40名

講師 : 田中益三 氏

申込 : 電話または直接 宮前図書館へお申し込みください。

 

問合せ先 : 宮前図書館(03-3333-5166) 


[ここまでが本文です。]

[本文の先頭に戻る。]

To PAGETOP

杉並区立図書館

©2012 Suginami city library all rights reserved.

[本文の先頭に戻る。]

[ページの先頭に戻る。]