[ページの先頭。]

[本文へジャンプ。]

[ここから本文です。]

映画「暁の脱走」とその周辺を考える

2015年8月 1日

戦後、アメリカ占領下の時代に7回も検閲に遭った作品が、1950年に公開された。
それが「暁の脱走」だった。
映画には関係者の熱い思いがあった。
谷口千吉(監督)、黒澤明(脚本)、池部良(ヒーロー)、山口淑子(ヒロイン)、
そして、田村泰次郎(原作者)にも!
戦後70年のこの機会に、彼らの熱い思いと戦後精神をたどり直します。
 

日時 : 平成27年8月23日(日) 午前10時30分~正午 

会場 : 宮前図書館3階 講座室

対象 : どなたでも

定員 : 40名(申込順)

講師 : 田中益三氏(法政大学文学部日本文学科講師、せらび書房代表)

申込 : 電話または直接、宮前図書館へお申込みください。

 

問合せ先 : 宮前図書館(宮前5-5-27 電話03-3333-5166)


 以下のPDFは当講座のポスターです。

[ここまでが本文です。]

[本文の先頭に戻る。]

To PAGETOP

杉並区立図書館

©2012 Suginami city library all rights reserved.

[本文の先頭に戻る。]

[ページの先頭に戻る。]