[ページの先頭。]

[本文へジャンプ。]

[ここから本文です。]

久世光彦展 没後10周年

2016年2月 3日

久世光彦は、『時間ですよ』や『寺内貫太郎一家』など数多くのドラマの演出・制作を手がけ、エッセイ・
小説、舞台演出、作詞などの分野でも活躍したTBSプロデューサーです。
阿佐ヶ谷に生まれ、杉並第一国民学校2年生のときに父親が転勤するまで、杉並に暮らしていました。
昭和10~20年代を背景にした作品が多く、そこに登場する家のイメージは、主に阿佐ヶ谷時代のものです。
とくに『寺内貫太郎一家』は、脚本家・向田邦子や、主演の作曲家・小林亜星も杉並に在住していたことが
あるなど、奇しくも杉並と縁がある作品です。
没後10周年を機に、当時の杉並をふりかえるよすがとして、その作品の数々を紹介します。

期間 : ~平成28年4月6日(水)

会場 : 中央図書館2階「杉並の文士コーナー」


問合せ先 : 中央図書館(荻窪3-40-23 電話03-3391-5754)


以下のPDFは当展示のポスターです。

[ここまでが本文です。]

[本文の先頭に戻る。]

To PAGETOP

杉並区立図書館

©2012 Suginami city library all rights reserved.

[本文の先頭に戻る。]

[ページの先頭に戻る。]