[ページの先頭。]

[本文へジャンプ。]

[ここから本文です。]

本の紹介

おすすめ図書バックナンバー

バンクシー

バンクシー

ジョン・ブランドラー/著 アレッサンドラ・マッタンザ/著 高橋 佳奈子/訳  新星出版社

 サザビーズオークションで切り刻まれた作品を含む140点以上の、バンクシーコレクションを収録。美麗な作品写真、それだけでも十分に楽しめる、約30㎝の大型本です。
 まえがきとキャプションは、2003年からバンクシーの作品を扱い始め、かなりの数の彼の作品を所有する、有名なストリート・アートの専門家が執筆。本編は、「バンクシーでありたいのか、ありたくないのか?」「バンクシー、アーティストの肖像」「ネズミ、サル、そしてその他の風変わりな生き物たち」等のテーマに分けて作品を提示し、どのような状況で制作され、その作品や制作過程を通して、彼が何を語りたかったのかを深く掘り下げています。
バンクシーは、世界中の路上の壁や橋などに落書きを残し、今や知らない人はいないというほどに有名なストリートアーティストですが、頑固なほどに身元を隠しています。その謎めいた存在に関心のある人も、世界の人々を驚かせ魅了するその作品に興味のある人も満足できる一冊です。(下井草図書館作成)

本の中のすぎなみバックナンバー

東京23区境界の謎

東京23区境界の謎

浅井 建爾  自由国民社

東京都には23の区がありますが、どうしてそのようになったかは意外に知られていないのではないでしょうか(35区の時代もあった)。
 本書は江戸幕府が開かれてから、紆余曲折を経て現在の東京になるまでの長い道のりを地図も用いて丁寧に説明していきます。
 さて区の境界には、その土地の様々な歴史が秘められています。例えば駅名です。多くは地名から付けられていますが駅名と駅の所在地が異なっている場合があります。代表的なのがJR品川駅(港区にある)と目黒駅(品川区にある)です。また京王線の八幡山駅は杉並区にありますが、八幡山という地名は世田谷区です(そうなった理由は、本書をお読みください)。
 他にも23区の面白いエピソードがたくさん紹介されていますが、読み進むにつれ自然に東京の地理と歴史についても詳しくなっていきます。本書を読み東京23区境界の謎を解いてください。(高円寺図書館作成)

新着資料

所蔵雑誌一覧

所蔵新聞一覧

予約ベスト(全ジャンル)

貸出ベスト(全ジャンル)

テーマ資料

杉並区立図書館がおすすめするテーマ資料です。時の話題に関する本や、日々の暮らしの疑問・問題を解決する手がかりとなるような本を、 テーマごとに掲載しています。

テーマ資料のページへ

展示

[ここまでが本文です。]

[本文の先頭に戻る。]

To PAGETOP

杉並区立図書館

©2012 Suginami city library all rights reserved.

[本文の先頭に戻る。]

[ページの先頭に戻る。]