[ページの先頭。]

[本文へジャンプ。]

[ここから本文です。]

調べもののしかた ― パスファインダー 基礎編その2 ―

図書館で調べものをするときに、役に立つ図書やデータベースをご紹介します。

  • ここで取り上げた資料の詳細は、図書館の蔵書データベース(図書館ホームページの場合、トップ>「資料を探す(詳細検索)」)で検索の上、ご確認ください(資料によっては、館外貸出ができないものがあります。また、出版年などの書誌情報が異なる場合があります)


【目次】

杉並区について調べたいとき

歴史情報を調べたいとき

地理情報を調べたいとき

人物情報を調べたいとき

企業情報を調べたいとき

統計情報を調べたいとき

法律情報を調べたいとき

図書館で使えるデータベースのご紹介(百科事典、新聞、雑誌記事索引など)

杉並区について調べたいとき

例)杉並の歴史や史跡について調べたい
『新修 杉並区史』〈全4冊〉
(東京都杉並区役所/編集・発行、1982年)
杉並区の古代から現代までの歴史を詳細に解説。文献史料や図、表が豊富に掲載されており、杉並区の歴史を知るための基本資料。
『杉並風土記』〈全3冊〉
(森泰樹/著、杉並郷土史会/発行、1977・1987・1989年)
杉並区内を江戸時代の旧二十ヶ村に分け、現町名と対比しながら、各村の地名の由来や歴史、伝説などを記述。写真も掲載。
『杉並区史跡散歩』
(大谷光男・嗣永芳照/著、学生社/発行、1992年)
杉並区にある神社仏閣や遺跡などの史跡を巡る、10種類のコースが紹介されている。巻末には、名墓一覧・石仏一覧が掲載。
例)杉並の昔の写真が見たい
『目で見る杉並区の100年』
(郷土出版社/発行、2012年)
生活感あふれる懐かしい写真と詳しい解説で、杉並区の100年を振り返った資料。
例)杉並の行政について調べたい
『杉並区勢概要』
(杉並区総務部広報課/編集・発行、1950年~)
自然、世帯と人口、産業構造、文化と伝統、歴史と年表、区政の仕組みや取り組みなど、杉並区の概要をコンパクトにまとめた資料。
例) 杉並の自然について調べたい
『杉並区みどりの基本計画 2010』
(杉並区都市整備部みどり公園課/編集・発行、2010年)
杉並区の自然環境の現状と課題、保全や緑化の計画などについてまとめた資料。区内各地域の緑地の変遷や特性について、表や図で確認できる。

 

おすすめメモ
  • 図書館では、杉並区に関する資料(郷土資料、行政資料)を収集しています。
    中央図書館2階の「杉並資料室」にその多くを所蔵していますので、ぜひご利用ください。
  • 最新の行政資料の一部は、杉並区のホームページでも公表されています。
    「杉並区」ホームページ (トップページ>区政情報)

歴史情報を調べたいとき

例)日本史の出来事について調べたい
『国史大辞典』〈全17冊〉
(国史大辞典編集委員会/編集、吉川弘文館/発行、1979~1997年)
考古学・人類学・国文学・宗教などの広範な分野の項目を収録し、各項目を歴史的側面から詳細に解説している。図版や系図が豊富で、参考文献も記載されている。
例)昔のニュース・新聞記事について調べたい
『昭和ニュース事典』〈全9冊〉
(昭和ニュース事典編纂委員会/編集制作、毎日コミュニケーションズ/発行、1990~1994年)
昭和時代当時の新聞記事を、歴史上の事件などのテーマ別に収録。当時の新聞が事件をどう報道したかがわかる。『明治ニュース事典』・『大正ニュース事典』も所蔵。
例)過去にあった天災・人災について調べたい
『日本災害史事典 1868-2009』
(日外アソシエーツ編集部/編集、日外アソシエーツ/発行、2010年)
明治元年から平成21年までに発生した自然災害や交通事故、医療事故などを年月日順に収録。各項目には、発生場所と被害内容を掲載。
例)自分の家の家紋の由来・意味を調べたい
『日本家紋総鑑』
(千鹿野茂/著、角川書店/発行、1993年)
全国各地の家紋の図版を多数収録。家紋の由来・形状、その家紋を使用する氏族とその分布などの解説も掲載。
例)身近なモノの歴史を調べたい
『年表で見るモノの歴史事典』〈全2冊〉
(ゆまに書房/発行、1995年)
私たちが日々の暮らしの中で目にする靴や石鹸、トイレ、箸、公園など、さまざまなモノについて書かれた年表を、各研究書から抄出・集成したもの。
例)さまざまな国の歴史上の出来事について調べたい
『世界の歴史大図鑑 増補改訂版』
(アダム・ハート=デイヴィス/総監修、河出書房新社/発行、2016年)
450万年前の人類の誕生から現在までの世界の動向を、多数の写真資料を用い、全ページカラーで解説する。
『○○を知る事典』シリーズ
(平凡社/発行)
各国・地域の歴史、社会、文化などを知ることのできる総合事典。『アメリカを知る事典』『東南アジアを知る事典』などがある。
『○○を知るための××章 エリア・スタディーズ』シリーズ
(明石書店/発行)
各国・地域の事情を幅広く解説するシリーズ。『カナダの歴史を知るための50章』『フィリピンを知るための64章』など、多数刊行されている。

地理情報を調べたいとき

例)ある土地の概要や歴史について調べたい
『角川日本地名大辞典』〈全49冊〉
(「角川日本地名大辞典」編纂委員会/編集、角川書店/発行、1978~1990年)
47都道府県ごとに各巻をあて、それぞれ総説・地名編・地誌編・資料編を設けている。地名編では、古代から近代までの地名を網羅的に収録し、詳細な解説を加えている。
『日本歴史地名大系』〈全52冊〉
(平凡社/発行、1979~2005年)
近世の独立村名と町方の町名を基本とし、歴史的な地名を網羅的に収録。典拠となる文献を示しながら、詳細に解説している。
例)地名の読みかたを調べたい
『全国地名駅名よみかた辞典』
(日外アソシエーツ編集部/編集、日外アソシエーツ/発行、2016年)
日本全国の地名・駅名の読みかたを示した辞典。市町村合併による地名変更・消滅にも対応している。
『現代日本地名よみかた大辞典』〈全7冊〉
(日外アソシエーツ/編集・発行、1985年)
全国の地名とその読みかたを示し、所在地名を付記している。一文字目の漢字の画数順で排列。
例)外国の土地について調べたい
『世界地名大事典』 〈全9冊(予定)〉
(竹内啓一/総編集、朝倉書店/発行、2012年~)
世界各地の地名を解説。旧称・通称などの別名も含めて幅広く採録しており、景観・風景の写真なども多数掲載。
『世界地名辞典 東洋編・西洋編 新版』 〈全2冊〉
(東洋編:河部利夫/編集、西洋編:小林望/編集、東京堂出版/発行、1980年)
東洋編と西洋編からなる。カナ見出しの五十音順に排列し、ABC順と漢字画引、ロシア文字の各索引がある。

人物情報を調べたいとき

例)現代の日本の人物について調べたい
『現代日本人名録 2002 新訂』〈全4冊〉
(日外アソシエーツ/編集・発行、2002年)
2001年11月時点で現存する学者・経済人・政治家・スポーツ選手など、さまざまな分野で活躍する人物を五十音順に収録。各項目には、職業・生年月日・学歴・経歴・連絡先などを掲載。
例)現代の外国の人物について調べたい
『現代外国人名録 2016』
(日外アソシエーツ/編集・発行、2016年)
日本で広く知られているさまざまな分野の外国人を収録。各項目には、職業・国籍・生年月日・専攻分野・学歴・業績・経歴などを掲載。
例)人物の写真や肖像画を見たい
『日本肖像大事典』〈全3冊〉
(山口昌男/監修、日本図書センター/発行、1997年)
古代から現代までの、さまざまな分野で活躍した人物の肖像画や肖像写真を中心とした事典。人名の五十音順で排列され、簡単な解説も掲載。
例)人物の名前の読みかたを調べたい
『姓名よみかた辞典 姓の部・名の部』〈全2冊〉
(日外アソシエーツ/編集・発行、2014年)
難読の姓・名、読み誤りやすい姓・名を収録し、「姓の部」・「名の部」の2分冊にしたもの。各項目では、読みかたに加え、実例として実在の人物の人名と職業を掲載。
例)好きな作家について知りたい
『現代日本執筆者大辞典 第5期』〈全4冊〉
(紀田順一郎/編集、日外アソシエーツ/発行、2015年)
各分野で2003年から2015年までの間に執筆活動をした人物を収録。各項目には、職業・専門分野・連絡先を記し、著書・雑誌記事などの文献リストも記載されている。
例)小説に出てきた戦国武将のことを調べたい
『戦国人名辞典』
(戦国人名辞典編集委員会/編集、吉川弘文館/発行、2006年)
戦国時代を生きた大名やその家臣、商人や百姓、女性たちを収録した人名辞典。各項目末尾には参考文献を付記している。
例)ある架空の人物が何の物語に出てきたか調べたい
『日本架空伝承人名事典 新版』
(大隅和雄/編集委員、平凡社/発行、2012年)
記紀神話の神名から近世末までの架空人物や、民衆や作者の想像力で変形加工された実在の人物を、五十音順で排列したもの。各項目は、解説と原典の引用部分からなる。

企業情報を調べたいとき

例)ある企業について調べたい
『帝国データバンク会社年鑑』
(帝国データバンク/発行、年刊)
全国の銀行および企業の情報を収録。各項目には、本社・事業内容・事業所・役員・主要取引先・株主構成などを記載している。
例)官公庁の職員について調べたい
『職員録』 〈全2冊〉
(国立印刷局/編集・発行、年刊)
官公庁の係長級以上の職員名簿。上巻では国・独立行政法人、下巻では地方公共団体の職員を収録。
例)過去の企業名から現在の該当企業を探したい
『企業名変遷要覧』 〈全2冊〉
(結城智里/編集、日外アソシエーツ/発行、2006・2015年)
国内主要企業を現在の企業名の五十音順に排列。各項目には、社名変更・経営統合などの変遷内容と変遷年月を記載。巻末の社名索引により、過去の企業名から現在の企業名を検索できる。

統計情報を調べたいとき

例)日本での主な統計結果を知りたい
『日本統計年鑑』
(総務省統計局/編集、日本統計協会/発行、年刊)
日本の国土・気象・人口・世帯・賃金・教育・文化などの広範な分野にわたり、重要で基礎的な統計資料を体系的に収録したもの。
例)昭和時代の主な統計結果を知りたい
『完結昭和国勢総覧』 〈全4冊〉
(東洋経済新報社/編集・発行、1991年)
昭和時代の経済・政治・社会・軍事・植民地関係などの統計を整理し、この時代の推移を計数的に総括することを目指したもの。
例)日本の社会の移り変わりを調べたい
『数字でみる日本の100年 改訂第6版』
(矢野恒太記念会/編集・発行、2013年)
明治以後100年の日本の社会・経済の移り変わりを、様々な統計を元に把握できるようにしたデータ集。
例)日本の特定の地域の人口を調べたい
『住民基本台帳人口要覧』
(国土地理協会/発行、年刊)
住民基本台帳に記録された前年度の市区町村別人口・世帯数・人口動態を収録。各市区町村の年齢別・男女別の人口などを記載。
例)世界での主な統計結果を知りたい
『世界の統計』
(総務省統計局/編集、日本統計協会/発行、年刊)
国際機関の統計書などを元に、世界各国の経済・社会・文化などの状況を知るためのデータを収録。『日本の統計』も所蔵。
『世界国勢図会』
(矢野恒太記念会/編集・発行、年刊)
世界の国々の、軍備・人口・食糧問題・労働力・経済成長・資源・農業・工業・貿易・財政などの統計が記載されたデータ集。『日本国勢図会』も所蔵。

おすすめメモ

近年の統計情報の多くは、インターネットでも公表されています。 以下のホームページもあわせてご参照ください。

法律情報を調べたいとき

例)省庁から発行されている官報を見たい
『官報』

法律、政令、条約等の公布をはじめとして、国の機関としての諸報告や資料を公表する、国が発行する日刊紙。

★官報はデータベースでも検索できます。次項の「図書館で使えるデータベースのご紹介」をご覧ください。

例)ある法律の条文を調べたい
『六法全書』
(有斐閣/発行、年刊)
現行成文法中の六大法典(憲法・民法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法)などの主な重要法令を収録。
例)身近な問題についての法律上の解決方法を知りたい
『日常生活の法律全集 追補版』
(自由国民社/発行、2012年)
日常生活で生じるさまざまなトラブルをジャンルごとに解説。災害による被害と法律問題なども取り上げられている。
例)他の国々の憲法にはどのようなものがあるか調べたい
『世界の憲法集 第4版』
(阿部照哉/編集、有信堂高文社/発行、2009年)
アメリカ・中国・フランス・インドなど世界18カ国の憲法を集成したもの。各憲法の冒頭には、訳者による解説を付記。
例)基本的な法律用語について調べたい
『図解による法律用語辞典 補訂4版追補』
(自由国民社/発行、2013年)
法律用語を図解などで具体的に解説。五十音順ではなく、法律ごとに用語をまとめているため、読む辞典としても活用できる。

おすすめメモ

近年の法令情報や行政情報の多くは、インターネットでも公表されています。以下のデータベースもあわせてご参照ください。

図書館で使えるデータベースのご紹介(百科事典、新聞、雑誌記事索引など)

図書館では、百科事典、新聞、雑誌記事索引などのデータベースを使って調査することもできます。
ご来館の際、図書館利用カードをお持ちの上、インターネットパソコンのご利用をお申し込みください。
ただし、プリントアウトはできませんので、ご了承ください。

例)百科事典など、基本的な事典類をまとめて検索したい
『ジャパンナレッジ Lib』 (全図書館) 百科事典・人名事典・現代用語の基礎知識などの事典類をまとめて検索できる。
『ブリタニカ・オンライン・ジャパン』 (中央図書館のみ) 日本語の『ブリタニカ国際大百科事典』や英語の『Encyclopædia Britannica』の検索ができる。
例)過去の新聞記事を見たい
『ヨミダス歴史館』 (全図書館) 読売新聞記事の検索ができる。
『聞蔵Ⅱビジュアル』 (全図書館) 朝日新聞記事の検索ができる。
『毎索』 (全図書館) 毎日新聞記事の検索ができる。
『日経テレコン21』 (中央図書館のみ) 経済情報や日経新聞記事の検索ができる。
例)過去の雑誌記事を見たい
『マガジンプラス』 (中央図書館のみ) 雑誌記事の検索ができる。
例)過去の官報を見たい
『官報情報検索サービス』(中央図書館のみ) 官報情報の検索ができる。
例)過去の判例や法令の情報を知りたい
『D1-Law.com』(中央・宮前図書館のみ) 判例や法令の検索ができる。

おすすめメモ

新聞や雑誌記事は、以下のデータベースでも検索できます。

  • 「国立国会図書館サーチ」
    →国立国会図書館、都道府県立図書館、国立情報学研究所などの資料を横断検索できるデータベースです。

[ここまでが本文です。]

[本文の先頭に戻る。]

[本文の先頭に戻る。]

[ページの先頭に戻る。]